【ブログ初心者の壁】ブログのコンセプトについて考える

ブログ運営

 この記事は、ブログ運営2週間・11記事を書いた状態の、
素人のブログ主がまさに今直面している悩みです。

 これからブログを始める人は、今後ほぼ確実にブツかる壁
ではないでしょうか。
しかしそれは、今でこそ憧れのトップブロガーの皆さんも、
恐らく過去にブツかり、乗り越えてきた壁だと思います。

 しかし、その壁を乗り越えるための"答え"は自分で出す
ほかありません。ですが、色々な考えに触れることは、
自身の"答え"の精度が高まることと思います。

 もしかしたら、これを元に読者が壁を越えるための助けに
なるかもしれないと思い、まだまだ未熟な私ではありますが、
自身の今持ち得ているマインドマップを全て書きます。

 是非、ご一読いただき、
思考の足しにしていただければと思います。

 また、本記事は、私自身の成長ステージに応じて、
都度リライトしていく予定でもあります。
10年後には集大成として育っていることを期待しています。
  • 特化型・雑記型が2大軸
    • しかし実際には混ざっているサイトもたくさんある
      • そこまで厳密な区別にこだわる必要はない
    • 早い段階でアフィリエイトを意識したテーマにすべきか?
      • できるのであればもちろんベスト
        • しかし初めから「決め打てる人」はほぼいないのでは?
小まとめ①

「書ける可能性」を広げて、そこから絞っていく方が効率的であるし、自分でも気付いていないテーマの発掘もできるかもしれない。

  • 完全オリジナルコンテンツはあり得ない
    • これは純然たる事実であり、ここへのエネルギー投下は無駄な消耗
    • 自分の「特殊性」を売りにしようと思っても挫折する
      • 自分に特殊な経歴は何も無い
        • あっても恐らくたいして特殊じゃない
        • もしくは、他人の気を引くほど(お金を払うほど)特殊じゃない
          • この分野では自分は戦えない
    • では、特殊でなければ詰みか?
      • 成功しているブロガーさん達は、そんなに特殊な人達だらけなのか?
      • ブログやTwitterのプロフィールを見ると、フォロワーが少ない人ほど「特殊性」を必死にアピールしているが
        • そういう人に限って成功している率は低い
        • 寧ろジワジワ伸びていっているは、「主婦さん」だったり「漫画好き」だったり、「学生さん」だったり、割と普通の人だ
        • つまり、特殊性は必要とされていない(少なくとも半端な特殊性は武器にはならない)
          • よって、「特殊合戦」には加わる必要はない
小まとめ②

オリジナルである必要はないと一旦考える。(後に述べる「経験」は必然オリジナルとなる)

  • 読者は何を思って検索するのか?
    • 調べるだけが目的なのか?
      • 調べる目的でいえば、「事実」を調べる
        • 「事実」にも様々な側面がある
          • 評判を調べる
            • 口コミ、食べログ、ランキングなど
          • ノウハウ・使い方を調べる
            • ハウツー、マニュアル、取説など
          • 一般的にはどうかを調べる
            • 統計、まとめ、トレンド、評論など
              • これらは「辞書」的な使い方としての「調べる」行為である
                • この分野は、専門家や企業で飽和
                • 素人の参入は極めて難しい
                • 半端な知識で参入しても無視されるだけ
                  • この路線は捨てる
          • 「ほかの人はどうか」を調べる
          • 「似たようなことは無いか」を調べる
          • 自分の記憶の曖昧なところを補う意味で調べる
            • これらは、「答えをもらう」ではなく、「答え合わせ」をしたり、「安心したい」視点から調べる行為
              • 答えはもう持っている
              • 背中を押してほしい
              • その方向に進むための自信を持ちたい
                • 先駆者から、権威者から、実績者から
                • リスクが少ないことを知りたい
                • 難しくないことを知りたい
                • 行動に結びつくには不安の解消が必要
                  • この分野なら戦える
小まとめ③

自分の「経験」は自分だけのオリジナルであり、そのことが他者のニーズ(検索意図)を満たす可能性はある。

  • 権威性が無いとブログはかけないのか?
    • 第一回Twitterの失敗もこれ(余談)
    • 権威性とは何か?
      • 資格
      • 実績
      • 社会的評価
      • Twitterで言えばフォロワー数
      • 有名人
    • 果たして本当に「何を言うか」よりも「誰が言うか」なのか?
      • そういう場面ももちろんある
        • 家電芸人の推す家電は売れる
          • 素人は家電を売れないことになる
          • 家電芸人も権威性(有名人)だけで売っているわけではなく、自らのレビューで売っている
            • 重視されるのは「経験」
              • 経験であれば、誰しも持ち得る
      • 調べ物をする時に、いちいち権威性を気にしているのか?
        • 法律関係のことであれば気にする
        • 医療系のことでも気にする
        • そのほかのジャンルはどうか?
          • 実はそこまで気にしてなくないか?
          • そのサイトの執筆者をいちいち把握(確認)しているか?
        • 一方、「金もうけ」のジャンルはどうか
          • 権威性(=実績)が無いと興味を持たれない
            • つまり、「権威性が大事だ」というのは、そもそもお金もうけのジャンルを前提としており、そのジャンルにおいて権威性は神であるだけではないか?
小まとめ④

全てのジャンルについて権威性が必要というわけではない。大丈夫。一方で、経済的・社会的なジャンルにおいては権威性は寧ろ必須。

  • ブログ運営は誰しもが独学の世界である
    • 「独学」とは「勉強をしない」ことではない
      • ストコンの大切さ
      • いくつのサイトを見てきたか?
        • 見るだけでなく、実際に改善につなげたか?
        • 真似して、自分の「型」を持つために勉強が必要
          • 間違った(可能性のある「型」を使い続けることはデメリットしかない
            • 停滞どころか寧ろ下手になる(将棋の定石の例)
              • だから、早い段階だからこそ「概ね正しい型」を身に着ける必要がある
小まとめ⑤

早い段階で自分の「型」を持つこと。


✅まとめ

小まとめ①

「書ける可能性」を広げて、そこから絞っていく方が効率的であるし、自分でも気付いていないテーマの発掘もできるかもしれない。

小まとめ②

オリジナルである必要はないと一旦考える。(後に述べる「経験」は必然オリジナルとなる)

小まとめ③

自分の「経験」は自分だけのオリジナルであり、そのことが他者のニーズ(検索意図)を満たす可能性はある。

小まとめ④

全てのジャンルについて権威性が必要というわけではない。大丈夫。一方で、経済的・社会的なジャンルにおいては権威性は寧ろ必須。

小まとめ⑤

早い段階で自分の「型」を持つこと。

次のリライトは、20記事到達時くらいを目安にします。

もしよろしければ、ご参考まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました